2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1日盛りだくさん 

午後からは気持ち引き締めてY先生のお菓子教室に・・・しかし残念なことに先生のデモが始まってすぐに睡魔が・・・コラッ!しっかり!手をつねったりしながら説明後実習へ。今日のお菓子は「ファンショネット」フランス伝統菓子のひとつで楽器のビオラを引くファンションさんの名前が由来だそうです。
パートブリゼ生地(パイ生地とクッキー生地の中間くらい)にアーモンドクリームを乗せて焼き、ジャムを塗り、しっかり立てたメレンゲをたっぷり乗せて模様を絞り再度焼きます。それぞれのポイントを教わりながら丁寧に作っていきます。今日は小さい型に焼きました。
ファンショネットは150年位前のフランスのお菓子。現在も伝統菓子として伝えられています。
とても素朴で温かみのあるお菓子。甘いお菓子ですが、間にフランポワーズのジャムが入っていると味に広がりが出ます。甘酸っぱいもの・・・私好みです。
150年前と言えば日本は江戸時代、フランスではもうこんなお菓子が作られていたのですね。
P1000263.jpg

P1000265.jpg
スポンサーサイト
[ 2011/07/02 ] 習う | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maple611.blog92.fc2.com/tb.php/37-cac77d06













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。