2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

充実のパン教室

遠くても教わりたいA先生のパン教室、今日はパン・ド・ミです。私のイメージではフランスパン生地を食パン型で蒸気焼成するパン・・・さてどうなのでしょうか。
α化させた生地を本捏ねで加え15分、捏ね上がりはどっしり重く扱いにくそうな生地です。なんと表現しましょうか・・・触って気持ちいい生地ではないのです。べたべた手から離れない生地です。
A先生は捏ね方にしても低速で粉にしっかり吸水させ、中速でグルテンを作り、高速で生地を滑らかにしていきます。そして一次発酵後→分割、捏ね上げ後よりはずっと扱いやすくなっててビックリ!ベンチタイム→成型、今日は丸め直し後、楕円形にしてケースに→最終発酵後焼成します。

最終発酵中
P1000802.jpg

焼成前
P1000804.jpg

焼けました!!
P1000807.jpg

今日は先生に色々質問出来ました。美味しいピザの生地について、イーストのタイミング、最終発酵をとることなど考えてもなかった答えを先生からいただき、そして秘蔵の配合まで教えてくださいました。
パンが焼けるまでの間は先生の奥様が野菜がたっぷり(今日はトンカツです!!)のランチをご用意してくださいます。中でもフレッシュサラダの胡麻ドレッシングがとてもおいしく、お料理のヒントもたくさんいただきました。

もちろんパン・ド・ミは美味しくて、食パンよりずっしり感がありますが(これがパン・ド・ミの特徴)食べると重いのではなく、しっかり感があり、とにかく生地が美味しい。味わい深いパンです(うまく表現できない・・・)今日の教室はいつも以上に充実しました。
明日はサンドウィッチにしようかな。

スポンサーサイト
[ 2011/09/19 ] 習う | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maple611.blog92.fc2.com/tb.php/85-d1b5912d













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。